日仏現代音楽交流年譜

1. 日仏間の現代音楽の普及・教育に関連した組織の設立 2. 日仏相互の公的な音楽家の顕彰 3. 日仏相互の作品初演 (作品の完成から20年内に行われたものを基本に、最大で40年を目安とする)、4. 日仏相互の音楽理論書の翻訳出版および現地報告 5. その他日仏の現代音楽の普及・教育に関わる時事および人事 以上を編集の基本方針としています。年譜に関してご指摘の点がございましたら、info [at] afjmc.orgまでご連絡下さい。(日仏現代音楽協会事務局 松宮)

出来事
1867 L.ギュティッグ 来日 第一次フランス軍事顧問団
1884 シャルル・ルルー 来日 第三次フランス軍事顧問団
1884 オーギュスタン・サヴァール『音楽原論』日本語出版 村越銘訳、陸軍教導団
1885 「グノー『ファウスト』の主題による幻想曲」日本初演 P.モーレル (vln)、音楽取調掛、音楽演習会
1886 シャルル・ルルー、伊澤修二らと共に日本音楽会設立
1887 「オーベール『ポルティチの物言わぬ娘』による幻想曲」日本初演 シャルル・ルルー指揮、陸軍教導団・近衛軍楽隊、第2回日本音楽会
1899 ノエル・ペリ 東京音楽学校講師
1903 永井建子 リヨン連隊軍楽隊留学、翌年帰国 陸軍戸山学校軍楽隊楽長
1904 ジョルジュ・ビゼー『アルルの女』組曲 (1872) 日本初演 アウグスト・ユンケル指揮、東京音楽学校
1908 内藤濯「印象主義の学才」『音楽界』9月号、楽会社
1908 永井荷風「西洋音楽最近の傾向」『早稲田文学』10月
1920 クロード・ドビュッシー『牧神の午後への前奏曲』(1892 – 1894) 日本初演 山田耕筰指揮、日本楽劇協会、帝国劇場
1923 小松耕輔 フランス留学より帰国 翌年学習院教授
1924 日仏会館創立
1925 モーリス・ラヴェル『クープランの墓』(1919) 日本初演 大沼哲指揮、ノートル・シムフォニィ・オーケストラ、報知講堂
1927 大沼哲 フランス留学より帰国 陸軍戸山学校軍楽隊隊長
1927 クロード・ドビュッシー 交響詩『海』(1905) 日本初演 近衛秀麿指揮、新交響楽団、日本青年館
1929 ダリウス・ミヨー『交響曲第2番』(1919) 日本初演 近衛秀麿指揮、新交響楽団、日本青年館
1931 モーリス・ラヴェル『ボレロ』(1928) 日本初演 ニコライ・シフェルブラット指揮、新交響楽団、日本青年館
1931 アルテュール・オネゲル『パシフィック231』(1923) 日本初演、近衛秀麿指揮、新交響楽団、日本青年館
1932 高木東六 フランス留学より帰国 帝国音楽学校教授
1933 井口基成 フランス留学より帰国 東京音楽学校教授
1935 平尾貴四男 フランス留学より帰国
1935 伊福部昭、松平頼則 アレクサンドル・チェレプニン管弦楽賞コンクールにて受賞 審査員 : アルベール・ルーセル、ジャック・イベール、アルテュール・オネゲル他
1936 山田耕筰 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ受章
1936 大澤壽人 フランス留学より帰国
1937 池内友次郎 フランス留学より帰国 日本大学芸術科教授
1937 宅孝二 フランス留学より帰国 東京女子高等師範学校勤務
1938 モーリス・ラヴェル『ピアノ協奏曲 ト長調』(1929 – 1930) 日本初演 ヨーゼフ・ローゼンシュトック指揮、新交響楽団、井口基成 (Pno)、日比谷公会堂
1940 ジャック・イベール『日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典序曲』制作
1942 アルテュール・オネゲル 交響的詩篇『ダヴィデ王』(1923) 日本初演 菅原明朗指揮、松竹交響楽団
1944 近衛秀麿「オルケストル・グラーフ・コノエ」フランス、ベルギー演奏旅行
1947 平尾貴四男 国立音楽大学教授
1947 池内友次郎 東京藝術大学教授
1948 大澤壽人 神戸女学院大学教授
1949 モーリス・ラヴェル『左手のためのピアノ協奏曲』(1929 – 1931) 日本初演 尾高尚忠指揮、日本交響楽団、安川加寿子 (pno)、日比谷公会堂
1952 オリヴィエ・メシアン『世の終わりのための四重奏曲』(1940) 日本初演 園田高弘 (pno)、岩淵龍太郎 (vln)、大橋幸夫 (cl)、堀江泰 (vlc)、実験工房第2回発表会「現代音楽演奏会」、女子学院講堂
1952 別宮貞雄 フランス留学より帰国
1952 黛敏郎 フランス留学より帰国 翌年『ミュージック・コンクレートのためのXYZ』制作
1952 池内友次郎 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ受章
1953 アンリ・ビュッセル『作曲提要』日本語出版 翻訳 : 池内友次郎
1953 アンリ・ビュッセル『楽器編成応用概論』日本語出版 翻訳 : 池内友次郎
1953 ヴァンサン・ダンディ『作曲法講議』日本語出版 翻訳 : 池内友次郎
1954 オリヴィエ・メシアン『我が音楽語法』日本語出版 翻訳 : 平尾貴四男
1954 フランシス・プーランク『オーバード』(1929) 日本初演 斎藤秀雄指揮、岩渕洋子 (pno)、東京交響楽団、日比谷公会堂
1954 フランシス・プーランク『動物詩集』(1919) 日本初演 福澤アクリヴィ (sop)
1955 別宮貞雄 桐朋学園大学講師
1956 実験工房 ミュージック・コンクレート・電子音楽オーディション開催
1956 矢代秋雄 フランス留学より帰国
1956 篠原眞 渡仏 以降現在までヨーロッパを中心に活動
1958 三善晃 フランス留学より帰国
1958 黛敏郎『涅槃交響曲』制作
1960 丹波明 渡仏 以降現在までフランス在住
1961 アルテュール・オネゲル『音楽論』日本語出版 翻訳 : 塚谷晃弘
1961 宍戸睦郎 フランス留学より帰国
1962 オリヴィエ・メシアン 初来日 日本野鳥の会との交流
1962 オリヴィエ・メシアン『トゥーランガリラ交響曲』(1946–48) 日本初演 小澤征爾指揮、NHK交響楽団、イヴォンヌ・ロリオ (pno)、本荘玲子 (ondes martenot)、東京文化会館
1962 シャルル・ケックラン『和声の変遷』日本語出版 翻訳 : 清水修
1963 ヤニス・クセナキス『ピトプラクタ』(1955–56) 日本初演 モーリス・ルルー指揮、日本フィルハーモニー交響楽団、東京文化会館
1963 シャルル=マリー・ヴィドール『近代管絃楽法』日本語出版 翻訳 : 塚谷晃弘
1964 島岡譲ほか『和声 理論と実習』I, II, III 全3巻 出版
1965 ノエル=ギャロン、マルセル・ビッチュ『対位法』日本語出版 翻訳 : 矢代秋雄
1966 平義久 渡仏 以降没年 (2005) までパリ在住
1966 三善晃 桐朋学園大学教授
1966 ジョルジュ・オーリック 交響組曲『フェードル』(1948) 日本初演 ジョルジュ・セバスティアン指揮、フランス国立放送管弦楽団、東京文化会館
1967 ピエール・ブーレーズ 初来日 大阪国際フェスティバル
1967 安川加壽子 レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章
1968 矢代秋雄 東京藝術大学助教授
1968 牧野縑 渡仏 以降没年 (1992) までパリ在住
1969 ヤニス・クセナキス 大阪万博にて360度スピーカーによる電子音楽『ヒビキ・ハナ・マ』制作
1969 丹波明 ソルボンヌ大学教授、フランス国立東洋言語文化研究所教授
1969 永冨正之 フランス留学より帰国 翌年東京藝術大学助教授
1970 尾高惇忠 フランス留学より帰国 東京藝術大学講師
1970 ピエール・ブーレーズ『ル・マルトー・サン・メートル』(1953 – 1955) 日本初演 若杉弘指揮
1973 オリヴィエ・アラン『和声の歴史』日本語出版 翻訳 : 永冨正之, 二宮正之
1973 アンドレ・オデール『音楽の形式』日本語出版 翻訳 : 吉田秀和
1975 ヤニス・クセナキス『音楽と建築』翻訳 : 高橋悠治
1975? 福士則夫 フランス留学より帰国 国立音楽大学勤務
1976? 牧野縑 パリ12区立ポール・デュカス音楽院 教授
1977 アンリ・デュティユー『メタボール』(1964) 日本初演 セルジュ・ボド指揮、ジュネス・ミュージカル・ワールド・オーケストラ、NHKホール
1978 テオドール・デュボワ『和声学〈理論篇〉』翻訳 : 平尾貴四男, 矢代秋雄
1979 アンリエット=ピュイグ・ロジェ 東京藝術大学教授
1980? 松本日之春 フランス留学より帰国 後東京藝術大学講師
1981 宍戸睦郎 洗足学園大学勤務
1982 野平一郎 アンサンブル・イティネレール ピアニスト
1982? 藤井一興 フランス留学より帰国 後、東邦音楽大学音楽研究所教員
1982 ピエール・ブーレーズ『ブーレーズ音楽論―徒弟の覚書』翻訳 : 船山隆, 笠羽映子
1984 平義久 エコール・ノルマル音楽院教授
1985 オリヴィエ・メシアン 第1回京都賞(精神科学・表現芸術部門)受賞
1985 一柳慧、武満徹 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受賞
1986 マルセル・ビッチュ, ジャン・ボンフィス『フーガ』日本語出版 翻訳 : 余田安広, 池内友次郎
1988 アンリ・デュティユー 来日 第4回《東京の夏》音楽祭 パリからパリへ
1988 船山隆 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章
1989 ピエール・ブーレーズ 第1回高松宮殿下記念世界文化賞・音楽部門受賞
1989 森悠子 リヨン国立高等音楽院助教授
1989 日本フォーレ協会設立
1990 京都フランス音楽アカデミー創設
1990 アラン・ルヴィエ『オーケストラ』日本語出版 翻訳 : 山本省, 小松敬明
1990 永冨正之 フランス教育功労勲章シュヴァリエ受章
1990 野平一郎 東京藝術大学助教授
1990 野平多美 フランス留学より帰国 国立音楽大学勤務
1991? 棚田文紀 アンサンブル・イティネレール ピアニスト
1991 三善晃 フランス芸術文化勲章オフィシエ受章
1992 京都ヴィラ九条山開館 以降、フランスの作曲家多数が日本にレジデンス
1993 佐渡裕 コンセール・ラムルー 首席指揮者
1994 金子仁美 フランス留学より帰国 桐朋学園大学講師
1994 船山信子 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章
1994 アンリ・デュティユー 第6回高松宮殿下記念世界文化賞・音楽部門受賞
1994 矢崎彦太郎 フランス国立トゥールーズ室内管弦楽団 首席客演指揮者
1995 アラン・ゴーサン 大阪音楽大学客員教授
1995 ピエール・ブーレーズ 来日『レポン』(1981 – 1984) 日本初演 自演、アンサンブル・アンテルコンタンポラン ブーレーズ・フェスティバル
1995 永野英樹 アンサンブル・アンテルコンタンポラン ピアニスト
1995 ローラン・テシュネ 昭和音楽大学助教授
1996 クロード・ドビュッシー『ドビュッシー音楽論集』日本語出版 翻訳 : 平島正郎
1996 斉木由美 フランス留学より帰国
1996 板倉康明 東京シンフォニエッタ 指揮者
1997 パリ日本文化会館開館
1997 成田和子 フランス国営視聴覚研究所音楽研究グループ委員
1997 ヤニス・クセナキス 第13回京都賞(精神科学・表現芸術部門)受賞
1997 アンリ・デュティユー 武満徹作曲賞審査員
1997 夏田昌和 フランス留学より帰国 東京藝術大学講師
1998 江戸京子 フランス芸術文化勲章オフィシェ受章
1998 井上道義 フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章
1998 トリスタン・ミュライユ 来日『デザンテグラシオン – コンピュータ合成テープと17楽器のための』(1982) 日本初演 野平一郎・板倉康明指揮、東京シンフォニエッタ、第7回定期公演、津田ホール
1999 小林真理 ストラスブール音楽院教授
2001 音と音楽・創作工房116設立
2001 ジェラール・グリゼー『時の渦』(1995) 日本初演、夏田昌和指揮、アンサンブル・ヴィーヴォ、東京オペラシティ
2002 リュック・フェラーリ 初来日 全リュック・フェラーリ作品 (ピアノ、テープ) 演奏会、滝野川会館大ホール
2004 檜垣智也 futura/motus講師
2004 森あゆみ アンサンブル・ケルン クラリネット奏者
2004 ヴィンコ ・グロボカール 来日『人質 大オーケストラとサンプラーのための』(2004) 世界初演 サントリーサマーフェスティバル・テーマ作曲家
2005 第1回ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン開催
2005 フィリップ・マヌリ 来日『奇妙な儀式』(2005) 世界初演 静岡音楽館AOI
2005 鈴木純明 フランス留学より帰国 後東京藝術大学准教授
2005 阿部加奈子 アンサンブル・ミュルチラテラル 指揮者
2005 ベルナール・パルメジャーニ 来日『アクースモニウム・ライブ~24チャンネルのスピーカー・オーケストラ』第21回《東京の夏》音楽祭
2005 ドゥニ・デュフール 初来日「アクースモニウム・サウンド・プロジェクション・コンサート」CCMC2005、東京日仏学院エスパス・イマージュ
2006 ベッツィ・ジョラス 来日『ヴァントゥー山への登頂』(2004) 日本初演、第22回《東京の夏》音楽祭
2006 ヤン・マレシュ、IRCAMチーム 来日 尚美学園大学
2007 オリヴィエ・メシアン、イヴォンヌ・ロリオ『メシアンによるラヴェル楽曲分析』日本語出版 翻訳 : 野平一郎
2007 ジャン=クロード・リセ 来日『スキーム ヴァイオリンとオーケストラのための』(2007) 世界初演 サントリーサマーフェスティバル委嘱作品
2007 望月京 明治学院大学准教授
2007 馬場法子 カサ・ド・ヴェラスケス会員
2008 ジェラール・グリゼー『音響空間』(1974 – 85) 全曲日本初演 サントリーサマーフェスティバル
2008 大野和士 フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団 首席指揮者
2009 ピエール・ブーレーズ 第25回京都賞(思想・芸術部門)受賞
2010 トリスタン・ミュライユ 来日 コンポ−ジアム2010、武満徹作曲賞審査員
2010 トリスタン・ミュライユ『ゴンドワナ』(1980) 日本初演、野平一郎指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団
2011 アンサンブル・イティネレール 初来日、静岡音楽館AOI
2012 山口博史『パリ厳格対位法: パリ音楽院の方式による』出版
2013 ルイージ・ケルビーニ『対位法とフーガ講座』日本語出版 翻訳 : 小鍛冶邦隆
2013 IRCAM×東京・春・音楽祭 開催
2013 酒井健治 カサ・ド・ヴェラスケス会員
2013 日仏現代音楽協会設立