協会について

日仏現代音楽協会の名誉会長として、私どものサイトへの訪問を歓迎させていただきたく存じます。本協会は主に現代の音楽のために寄与することを目指していますが、友好と尊敬と交流の長い伝統を受け継ぐものとして結成されました。この協会の創設によって、私たちは150年以上にわたって紛うことなく確立された日仏両国間の関係を更に推し進めることになるでしょう。
様々なイヴェントによって、フランスと日本の現代音楽を推進しようというのが我々の第一の願いであります。こういったイヴェントは、創造や演奏を巡って、そしてまた現代におけるレパートリーという難しい問題に関して具体化することになるでしょう。また、他芸術との共同作業も私たちの強い関心の一つであると付け加えさせていただきたく存じます。
この度の発足に際しまして、私どもの日仏現代音楽協会が、その素晴らしい企図を実現し、創造的、且つ人間的な力強い飛躍によって、私たちが共有する歴史の中の、音楽のページを、来るべき未来においても、末永く継続して書き続けていくことを願っています。

アラン・ゴーサン (作曲家)