Camerata Stravaganza 第3回定期演奏会ー遊楽ー

《遊楽》とは遊んで楽しむこと、文字通りの意味です。楽しんで遊んでいる音楽とはどういうものなのか、それらを知っていただけるようなプログラムになりました。そして今回は打楽器奏者とのコラボレーションも見もので、器楽と打楽器の見せ方の違い、コントラストに驚く方もいるはずです。

そして《遊楽》を締めくくるのは、青柿将大氏、ーアリスとボブとイヴーの初演になります。我々の委嘱で書かれた新曲で、魅了されるトリックに溢れている曲です。演奏者としてとても楽しみです。

《鏡演》から始まり、昨夏の《世界創造》、そして《遊楽》。未熟な僕たちをたくさんの方がサポートしてくださっています。それは聴きに来てくれる皆様も同じです。感謝を忘れず、演奏会をまた開催できる喜びを噛み締めながら、Camerata Stravaganzaはまだ進んでいきます。

この演奏会に関して、僕たちのコンセプトをより理解していただきたく、何週かに渡りYoutube、Facebook公式ページにて代表メンバー、作曲家青柿将大、打楽器メンバー、指揮者大井駿の各々に意気込みなどを話してもらう動画をアップしていきます。

また初の試みで開演15分前に、《遊楽》への注目点、楽しみどころについて、出演メンバー何名かでプレトークを行います。普段あまり直接聞かない演奏家の直前の声や、作曲家の新曲への思考、指揮者のモチベーションなど、お話いただきます。そちらも合わせてお楽しみください。

17193959_1268618713232074_1770220676_o

2017年4月5日(水)19:00開演、18:30開場

18:45~ プレトーク(作曲家の青柿将大、打楽器奏者、アンサンブルメンバーによる)

会場:杉並公会堂小ホール

チケット料金:¥3,000(全席自由)

曲目

カンゲローシ:洞窟の比喩

ユレル:à bâtons rompus

ストラヴィンスキー:室内オーケストラの協奏曲 変ホ長調「ダンバートン・オークス」

ドゥ・メイ:Musique de Table

青柿将大:アリスとボブとイヴ ー打楽器とアンサンブルのためのー(世界初演)

メンバー

指揮者:大井駿

打楽器:石若駿、井上仁美、樋口さゆり、日比彩湖

フルート:内山貴博(会員)

クラリネット:西村薫

ファゴット:皆神陽太

サックス:井上ハルカ(会員)

トランペット:星野朱音

ホルン:信末碩才、松原秀人

ギター:土橋庸人

ヴァイオリン:石原悠企、倉冨亮太、島方暸

ヴィオラ:飯野和英、井上祐吾、樹神有紀、

チェロ:内山剛博、山本直樹

コントラバス:地代所悠、篠崎和紀

チケットご予約・お問い合わせ:camerata.stravaganza@gmail.com

詳細情報:https://www.facebook.com/camerata.stravaganza/

主催:Camerata Stravaganza

後援:日仏現代音楽協会